多電極挿入型電磁流量計
メタルマルチマグ
MODEL395P・394P
製品ロゴ

さらに進化した唯一
多電極挿入型電磁流量計

2020年のバージョンアップでさらに機能が充実しました。

データロガ付きもあります。

  • 多電極挿入型電磁流量計「メタルマルチマグ」は満管、清水用の流量計で多点測定方式を採用した唯一の多電極挿入型電磁流量計です。
  • 流速を検知するセンサと、流量などを表示し、信号を出力する変換器の2つで構成されています。
  • MODEL395P(片方向測定のみ)、MODEL394P(双方向測定)の2つのタイプがあります。
  • 不断水で設置ができ、水道施設等に特にお薦めです。
  • 狭いスペースでも設置ができます。
  • センサは水中形なので水没しても安心です。
  • オプションのデータロガ付き変換器は積算や瞬時流量を記録し、データをPCにダウンロードすることができます。
製品画像

概要

メタルマルチマグのセンサは強固なSUS製で、100Aから3500Aまでの配管に対応。配管口径により2~8対の多電力による正確な測定で、全国の水道で活躍しています。
※75A配管にはメタルシングルマグをご使用ください。

概要

測定原理

電磁流量計の測定原理

メタルマルチマグの基本的な測定原理は、「ファラディの法則」に基づく一般的な電磁流量計のしくみと同じです。
電磁流量計は、センサのコイルに電気を流して磁界を作ります。
この磁界を、水などの流体が横切ると、流速に比例した起電力が発生しますので、この起電力を電極で検知して、流量に換算します。

配管断面図による比較
図の説明

メタルマルチマグだけの測定方式〜多点測定

流体を正確に算出するためには、より正確に配管内の平均流速を測定する必要があります。

しかしながら配管内の流速分布は通常、管壁付近では遅く、中心付近では早くなり、また常に一定ではありません。
1点のみの流速を測定する従来の挿入型電磁流量計では、このような流速分布の変化に追従して平均流速を測定することは困難です。それは、挿入型超音波流量計も同じです。
メタルマルチマグはこの大きな問題を解消するため、配管口径によって2~8対の電極で複数ポイントの流速を実測する多点測定方法を採用し、正確に平均流速を算出します。
また超音波流量計では、設置や管壁の状態などが測定誤差の要因となりますが、メタルマルチマグであればそのような心配はありません。
メタルマルチマグは不断水、低コストで高精度の測定を実現します。

比較表

【各種流量計比較表】
電磁流量計
(一般製品)
超音波流量計
(一般製品・時間差式)
挿入型電磁流量計
挿入型超音波流量計
(一般製品)
多電極挿入型
電磁流量計
(メタルマルチマグ)
長所
  • 測定値の信頼性が高い
  • 不純物を含む流体の測定可
  • 低コスト
  • 断水不要
  • 配管工事不要
  • 低コスト
  • 断水不要
  • 施工スペースが狭い
  • 異口径の配管にみセンサの転用可
  • 低コスト
  • 測定値の信頼性が高い=多点測定
  • 断水不要
  • 現場校正不要
  • 水没対応仕様あり
短所
  • 高コスト
  • バイパス管などの付帯工事が多い
  • 広いスペースが必要
  • 流速分布の乱れから測定誤差が生ずる
  • 低流量の測定では制度が落ちる
  • 古い配管では測定が困難
  • 中口径以上は広いスペースが必要
  • 不純物を含む流体の測定には不向き
  • エアの多い配管には不向き
  • 流速分布の乱れから測定誤差が生ずる
  • 流速が速くなると測定値が不安定になる場合がある
  • 現場校正が必要だが、流量が変動する所では不可能
  • 不純物を含む流体の測定には不向き
  • エアの多い配管には不向き
  • 不純物を含む流体の測定には不向き
  • エアの多い配管には不向き
  • 異口径の配管にセンサの転用不可

大型センサ

700A以上の大口径配管には、一回り太い大型センサで対応します。

不断水・低コスト・高精度!!
口径が大きくなればなるほど、メタルマルチマグは威力を発揮!最大3500mmまで対応します。

といった悩みをメタルマルチマグが解消します。

下図のようにビットも小さく出来るため、土木工事も最小限に抑えられます。
なお、旧タイプの大型センタではできなかった逆流測定が可能になりました。
図の説明

圧力計やエア弁などとの使用

メタルマルチマグのセンサは、75Aのバルブを使用して配管に取付ける時、「専用フランジ」を使用します。
この専用フランジには途中に分岐を設けたタイプ(オプション)もあり、ここに圧力計やエア弁などを接続することができます。
流量とともに水圧なども測定したい場合や、エアが溜まる可能性がある場合などに便利です。
※ 原則的にセンサはエアのない箇所に設置してください。
※ 圧力計やエア弁等は別途ご用意ください。

圧力計やエア弁などとの使用

データロガ付き変換器(オプション)

オプションのデーロガには、瞬時流量、正流、逆流、NET(正-逆)それぞれの積算流量、警報の履歴等が記録できます。
データはCSVファイルで保存され、専用ソフトでPCにダウンロードします。
ダウンロードしたデータはMicrosoftⓇexcelで加工することもできます。
遠隔監視を行わない場所や、工事や点検作業等で信号の送受信ができない環境下でもデータを収集できて便利です。

仕様・ダウンロード

  
  • ■仕様
  • メタルマルチマグ Model 395P/394P 
  •   
  • ■ダウンロード
  • メタルマルチマグ カタログ
  • テクニカル・ガイダンス
  • Model 395P 標準センサ外形寸法図 (PDF)
  • Model 394P 標準センサ外形寸法図 (PDF)
  • Model 395P  大型センサ外形寸法図 (PDF)
  • Model 394P  大型センサ外形寸法図 (PDF)
  • Model 395P / 394P  変換器外形寸法図 (PDF)