ポータブル水深・流速計
FH950S

流量演算機能付き
流速と水深を同時に測定
日本語表示に対応

製品画像

概要

 

 ◆電磁式流速センサと差圧式水深センサの2つを装備、流速と同時に測定点の水深、
  水位も測定します
 ◆測定した流速と水深データから、瞬時流量を自動演算することも可能です。
 ◆メンテナンスはほとんど不要です。
 ◆リチウムイオン充電池で駆動、軽量で持ち運びに便利です。
 ◆バッテリーセーブ機能、自己診断機能、安定化・平均化機能も標準装備されています。
 ◆グラフも表示される大きなディスプレイ付きです。
 ◆本体に保存した測定データをUSBポートからパソコンに送り、加工する事もできます。
 ◆水路で使用する流量計の調整にも適しています。
 ◆フィールドで便利なオプションもあります。
  (スケール付きセンサ取り付けロッド/ウエイト付きセンサ取り付けワイヤ)
   測定対象: 河川水、上・下水道、農業用水、工業用水 等

さまざまな形の水路に対応

  FH950Sには、河川、水路全体の瞬時流量を自動演算
  する機能があります。
  河川や水路の同一断面上の複数のポイントの流速と
   水深を測定~記録すると、機器はそれらの
  データをもとに瞬時流量を自動で算出します。
  この演算機能は、河川や水路だけでなく、
  矩形溝(正方形・長方形・台形)、
  円形溝(真円・2/3卵型)にも対応します。



【水深センサ】

「差圧式水深センサ」を使用すれば、センサを流体に沈めるだけでセンサが位置する水面からの深さをリアルタイムで把握、記録できます。
事前に設定した深さにセンサが達すると、画面表示の色が変わり、ブザー音で知らせる機能もあります。
したがって水深×2、水深×8などの測定ポイントの把握がかんたんでセンサを流体の底に沈めれば水位も測定できます。
橋の上など、水面から離れた場所で作業する場合でも常に手元で確認ができ、効率と正確さが格段にアップします。



さまざまな形の水路に対応

仕様

オプション

センサケーブルの長さ
 センサケーブルの長さは6m、12m、30mの中から選択できます。発注時に指定してください。

センサ取付ロッド(スケール付き)
 目盛り付きの金属製ロッドです。
 このロッドにセンサを取り付けることにより、センサが流されることなく安定した測定ができます。
 他の棒でも代替できますが、このロッドには目盛りが付いているため、測定中に水深を確認する事も可能です。
 総長=2mです。(50cm×4本をつなぎます。)

ウェイト付センサ取付ワイヤ
 6mのステンレス製ワイヤの先に、6.8kgのアルミ製のおもりがついています。
 センサを装着して水中に垂らすことにより、センサが流されることなく、安定した測定が可能になります。
 上記のロッドでは届かない深さを測定する場合や、橋やボートの上からの測定に便利です。

ウェイト付センサ取付ワイヤの延長
上記のウェイト付センサ取付ワイヤは、1mごとの延長が可能です。

本体固定プロファイリングロッド
主尺と副尺のついた2本のロッドを組み合わせたもので、これにセンサを取付けて手元の目盛りを使用すれば、水深の0.2/0.4/0.8の位置に 合わせることができます。手元の部分に機器本体も取付けやすくなっています。主尺の棒部分の長さが1160mm, 副尺棒が1410mmです。

外寸法図

   

オプション