TOP  製品紹介 > メタルマルチマグ > 測定原理 ★カタログのお申し込みは、こちらからどうぞ。
概要 測定原理 比較表 大型センサ
事例集 仕様 ダウンロード 推奨取扱店リスト
 
■電磁流量計の測定原理

 メタルマルチマグの基本的な測定原理は、

 「ファラディの法則」に基づく一般的な電磁流量計のしくみと同じです。

 電磁流量計は、センサのコイルに電気を流して磁界を作ります。

 この磁界を、水などの流体が横切ると、流速に比例した起電力が発生しますので、

 この起電力を電極で検知して、流量に換算します。



 ■配管断面図による比較
メタルマルチマグ 電磁流量計(従来型) 超音波流量計
多電極により配管内の
流速を実測・平均化
流速分布の変化による
誤差が発生
古い配管では、管壁の
状態により超音波が
通りづらく、誤差が発生
 
 

 ■メタルマルチマグだけの測定方式〜多点測定

 流体を正確に算出するためには、より正確に配管内の平均流速を測定する必要があります。

 しかしながら配管内の流速分布は通常、管壁付近では遅く、中心付近では速くなり、

 また常に一定ではありません。

 1点のみの流速を測定する従来の挿入型流量計では、

 このような流速分布の変化に追従して平均流速を測定することは困難です。

 メタルマルチマグはこの大きな問題を解消するため、

 配管口径によって2〜8対の電極で複数ポイントの流速を実測する多点測定方式を採用し、

 正確に平均流速を算出します。

 また超音波流量計では、設置や管壁の状態などが測定誤差の要因となりますが、

 メタルマルチマグであればそのような心配はありません。

 メタルマルチマグは不断水、低コストで高精度の測定を実現します。

 
(c)Nippon Hicon Co.,Ltd.







アンドロキュア